無料エロ同人誌ライブラリ

最新!人気!のエロ同人誌・アダルト漫画を無料で見られるサイトです!

[同人]「ささやき彼女21」(ajaib suara)

   

ささやき彼女21

ささやき彼女21

サークル: ajaib suara
ジャンル: 音声付き デモ・体験版あり 恋愛 中出し フェラ ラブラブ・あまあま 恋人同士 ソフトエッチ おさわり 和姦 男性向け 成人向け

*シリーズご購入者の方へご注意
ナンバリングタイトルではありますがキャラクターは別となっております。
予めサンプルなどでご確認の上、ご購入下さい。
<作品紹介>
久しぶりの連休。
朝起きると、隣で彼女(職場の上司)が微笑んでいた。
「ん…… 起きたみたいだね、おはよう……」
彼女はいつになく機嫌がいい。
だけど、昨日は何があったんだっけ?
お酒をたくさん飲んでしまって、よく覚えてない……。
「なんで上機嫌か、思い出しなさい」
「ええ、思い出すの。だって、君が原因だからね」
『厳しい上司』が、自分の腕の中で、『可愛い彼女』になってゆく。
熱い吐息がかかるような距離で、彼女のささやき声だけが響く、冬の朝の物語。
トラック1(25:24)
お酒を飲んで、昨日の夜の記憶があいまいだけど、彼女はなんだか上機嫌。
昨日、二人で乱れた証を、彼女は丁寧に舐めとっていく。
冬の朝の、あたたかい布団の中で、舐めしゃぶる音と、囁き声だけが響く。
「朝からそれじゃ大変でしょ?スッキリさせてあげるから……」
「ひどい味よ?なんならキスして確かめてみる?……ふふ、残念」
「んちゅ、ちゅぱ……れろぉ……ふふ、じゃあちゃんと気持ちよくなれるように、一緒に根元もいじってあげる……」
トラック2(21:22)
一度フェラで抜かれたあとで、彼女の作った朝食を食べる。
裸のままでいたら、布団をかけてくれた。密着して座っていたら、昨日のことを思い出してきた。
寒くないようにくっついて、耳元で囁かれながら、少しずつ彼女を「女」にしていく。
「風邪ひいたらダメよ?ほら、せめて布団、ブランケット代わりにして。一緒に入ればあったかいでしょ?」
「ぁ……んっ。悪戯っ子ね。……いいよ、今度は君の番。気持ちよくして?」
「君の前なら、ただの女になるから……」
トラック3(21:32)
長く、ゆったりとした愛撫のあとで、もう一度彼女と繋がる。
少しだけ強引にすると、彼女はどんどん乱れていく。厳しい上司の顔が蕩けきって、余裕なく求めはじめた。
耳元に、密着した彼女の吐息を感じながら、一緒に上り詰めていく。
「シちゃう?……うん、わかった。いいわよ、ほら……おいで?」
「あ、んぅ……ちゅ、ちゅぱ……ふぁ、はぁ……本当に驚いてばっかり。こんなの覚えたんだ……」
「ち、が……違う、って、本当に……余裕無い、無いから……頭の中、パチパチって、小さいのずっと続いてるの……」
CG・鳩矢豆七
声優・秋野かえで
演出・’astu’
シナリオ・癖毛爆男
制作・ajaib suara

ささやき彼女21

「ささやき彼女21」の続きはこちら

 - ajaib suara , , , , , , , , , , ,